Staff Blog

日々の情報を随時更新

スタッフブログ

2020/04/15 スタッフブログ

おうちトレーニング松阪 vol.1

こんにちは

本日4月15日(水)から

学校が休校になりそれに伴い

プールも臨時休校となりました

皆様には大変ご迷惑をお掛けしまして

申し訳ありません

 

外に出る回数も少なくなり

家にいる時間が長くなるみんなは

なにをして過ごしますか

学校の宿題もあればゲームをしたり

していると思います

 

ゲームをし続けるのは脳や目に

大きな影響を与えるので時間を決めて

適度にやりましょうね

ゲームは1日1時間とよく言われます

 

さて、JSS松阪のブログを見てくれている

みなさまにこの休館日中に何か配信できないかと考え

「おうちトレーニング」略して「うちトレ松阪」を配信いたします

テレビを見ながらや寝たままでもできますし

簡単な筋力トレーニングなど紹介していきます

 

この休館日中に運動不足にならないように

そして、お父さんお母さんも一緒になってできるので

ぜひやってみてください

 

では1回目の本日は「寝たままできるストレッチ」

ご紹介してきますのでぜひご覧ください

 

第1回目のモデルは最近ダイエットに励んでいる渡辺コーチです

 

すべてのストレッチを20秒~30秒くらいで

実施してみてください。自然呼吸を意識しましょう

 

【その①】

足を伸ばして身体の横に倒す

※渡辺コーチは硬いので膝が曲がっていますがみんなは伸ばしましょう

左手でサポートして右足を左に倒します

これの反対も行いましょう

 

【その②】

足を抱えて自分の身体の方に引き寄せる

ももの裏を伸ばす意識をしましょう

 

【その③】

次はペアでおこなうストレッチです

お父さんやお母さんに協力してもらってやってみよう

 

【その④】

次は太ももの前を伸ばします

これはよく見かけるストレッチですね

後ろにペターっと寝そべれる人は柔らかいかな~

 

【その⑤】

最後は足首のストレッチです

これは渡辺コーチ柔らかいですね

背筋をまっすぐ伸ばして後ろに倒れないように意識です

 

 

これにてうちトレ松阪 Vol.1終了~

次回Vol.2もお楽しみに~

 

 

2020/03/10 スタッフブログ

来たる日に備えて・・!

皆さん、こんにちは

ここ数日の急な冷え込みに加え、花粉症とも格闘中の

スタッフ渡辺です

 

現在、スクールは特別休校措置により、

営業できない状況が続いていますが

コロナウイルス感染拡大問題が収束することを願い

日々、できることをやっていこうと気持ちを引き締め

営業再開に向けて準備しています

 

今回はプールサイド清掃の様子を

皆様にお伝えします

 

ビート板やヘルパー等、プールで運動する為に

活用する様々な道具も、塩素除菌してきれいに

しています

写真の様子は、除菌中のビート板です

時間を空けた後、水洗いをして清掃完了です

このような清掃作業は定期的に実施しています

 

 

プールサイドも清掃しますが、水深台や浮島等を

一旦プール内に移動させてから清掃します

写真右上の人影は誰でしょうか?

① 長井コーチ

② 北村コーチ

③ 私(渡辺)

 

正解は・・またプールでお会いした時に伝えますね

 

プールサイドも塩素除菌をして、

ブラシでこすって清掃します

換気の為に窓を開けていて、

外から底冷えするような冷たい空気が入ってきますが、

そんなのお構いなしに、長井コーチと北村コーチは

水着のみで戦っていました・・

「漢」を見せてくれています

ちなみに、私は長ズボンにトレーナー、さらに

マスク着用という、防寒対策万端で臨みました・・

 

・・「漢」・・見せれなかったです・・

 

 

このように、休校中も来たる営業再開の日に向けて

スタッフも色々活動しています

またの更新をお待ちください

※「人の考え方に影響を受ける・その②」も

  近日中に配信予定です

 

 

2020/03/06 スタッフブログ

人の考え方に影響を受ける その①

皆さん、こんにちは

先日、かの名将、野村克也さんが亡くなられましたが

私(渡辺)、野村さんの本を数冊所持していまして

その思考・理念に大いに影響を受けています。

 

松阪に転勤して、早1年が経ち、

人生で初の選手コースを担当するようになりました。

何かヒントになるものはないかと

改めて、過去に読み漁った本を読み返してみました

 

野村さんの著書の1つに

『弱者の兵法』がありますが、その内容に

選手指導におけるヒントとなるものが多く

とても有効活用しています

 

「組織(今回の場合は、選手クラス)が成長するか否かは

リーダー(今回の場合は、担当コーチ)の器次第」

「信頼は日々の選手との戦いから築かれる」

等の言葉は、私の訓戒として常に

心掛けている言葉でもあります。

 

本の内容は、弱者が強者に勝つ為の理論について

細かく書かれていて、

その中でも「教育論」について参考になる部分があります。

「人間的成長なくして、技術的成長はない」

人間的成長とは実に抽象的な表現ではあります。

私は、水泳における「人間的成長」の根本は

「競技者としての自覚」にあると思い

苦労を重ねていく中で

1人1人が「水泳」というスポーツにさらに興味を抱き

夢中に取り組むことで、競技に取り組む姿勢に変化が生まれ

挨拶・気配り・協調性・感謝の念等の礼儀作法も

自然と正しい方向へと導かれるものであると信じています。

そして、それをコーチである私自身が率先して模範を示すことで

「人」の心を動かすことができると思います。

選手と一緒に戦う姿勢を常に意識して、

1人1人の競技者としての自覚を促す中で、良い雰囲気が生まれることを

心掛けていますが・・中々上手くはいきませんね

 

しかし、野村さんのこの考え方は、学生・社会人を問わず

組織の中で動く上で、とても参考になる考え方であると思います。

今回は、「本」を通じて、人の考え方に良い影響を受ける、という

お話しでした

 

次回、その②も配信できたらと思います

 

 

 

 

2020/03/05 スタッフブログ

全国JOへの思い。

3月26日から開催予定だった

第42回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季大会の

大会中止が決定いたしました。

 

この大会は全国の小学生から高校生まで

競泳をやっているすべての選手が目指すであろう

ジュニア最高峰の大会です!!!

 

しかも、この春に行われる42回大会は特別。

その理由は会場がオリンピック会場のアクアティクスセンター

そこのこけら落としの大会でした。

しかもオリンピック選手が泳ぐ前に日本のトップジュニアスイマーが

泳ぐという一生に1回の機会。

 

初めてのオリンピックプールの使用

初めてのJO出場

 

私自身もこの大会には

なんとしても行くと強い気持ちをもっていました。

 

そして、JSS松阪から2年ぶりのJO選手が

鈴木 星亜くん(中2)が400m個人メドレーにて

標準記録を突破し、JOへの切符を手にしました。

 

星亜くんのJOに対する思いは人一倍。

 

風邪をひかないように友達と遊ぶことも控え、

小さくなったJSSジャージもJOジャージを着るまで買わないと決め。

 

チャレンジし続けてきてやっと今年初のJO突破。

本人のJOに対する思いと保護者様の日頃からの協力の賜物です。

 

しかし、今回のこの中止という結果。

制限タイムが切れずに出れない気持ちとはわけが違います。

 

無観客でも実施してほしい。

コーチ・保護者が入れなくても

選手は泳がせてあげてほしい。

 

これがコーチの本音です。

その思いで数日過ごしてきましたが、3月3日中止の判断がくだりました。

 

悔しいという気持ちでは片づけられないと思います。

一番悔しいのは全国にたくさんいるJOを突破した「選手」です。

 

コーチも悔しいですし、やりきれない気持ちでいっぱいです。

 

 

しかし、JOまでの取り組みも

消えてしまうのか。

 

それまでの努力さえも

なくなってしまうのか。

 

 

必死に頑張った瞬間。

苦しくて心が折れそうになった瞬間。

だけど仲間やチームがあったから頑張れた瞬間。

 

その瞬間というものは

消えることなどありません。

 

それは頑張ってきた証であり

その努力と頑張りは間違いなく

自分自身を強くしてくれる。

 

切り替えるのは時間がかかるかもしれないけど前を向いていこう。

 

突破したことには間違いないから

館内に掲示してあるJO出場の告知と応援幕は

JO開催日までそのままにしておきます。

 

出場権を獲得したことには変わりない。

 

今できることをしよう。

これから自分になにが必要なのか考えよう。

 

更なる高みを目指して

またもう一度チャレンジしよう。

 

選手コースのみんなも全国JO中止ということを

他人事ではなく、今一度考えてみてください。

 

自分の日頃の練習に対する取り組みや試合に対する取り組み方を

今一度考えてみてください。

 

先が長い休みで泳ぎたくても泳げない気持ちの選手も

たくさんいることだと思います。

その中で自分が今なにができるのか考えてみよう。

 

選手のみんなとこんな長い期間会えないのはおそらく初めてです。

またプールが再開したら元気に会えるのを楽しみにしてます。

 

手洗い・うがい・アルコール消毒は忘れずに!!

2020/02/19 スタッフブログ

♪♪選手コースの大会がありました♪♪

皆さん、こんにちは

 

今年は暖冬の影響なのか

花粉の発生が例年より早く

花粉症の私(渡辺)には堪えます・・

 

2月2日に、JSS中川スイムスクールにて

JSS中部地区ジュニアチャンピオンシップ

開催されました

選手育成クラス本科スーパーマーリン級在籍者

主な対象にした大会であり、初出場の子も数名いて

この大会を機に、水泳をもっと好きになってもらい

競技者として、大きく羽ばたいてもらえたらと思います

 

自己記録の更新を目標とした大会ではありましたが

松阪の選手の皆さんは、

仲間のレースを必死になって応援したり

泳ぎ終わった子たちを温かく迎え入れたり

競技の結果よりももっと大切な

優しい気遣い・心配りが随所に見られて

これから、どんどん強くなっていっても

その気持ちを忘れずにいてほしいなと心から思いました

 

競泳を心の底から「楽しむ」姿勢の大切さを

子供たちから、改めて学ばせていただいた、そんな1日でした

 

image0

今大会で「努力賞」を受賞した服部さんです

受賞した彼女を、チームメイトが温かく祝福する

姿に、心がほっこりしました

 

次回のジュニアチャンピオンシップ大会が

今から楽しみです

2020/01/29 スタッフブログ

競泳研究会に参加してきました!

 

1月19日(日)に

三重交通G スポーツの杜 鈴鹿水泳場にて

競泳研究会があり、参加してきました

 

県内外から集まった100名近いコーチたち

image0

 

そして今回指導して頂いたコーチは

池江璃花子選手のジュニア時代を指導

全国JOへの一大会での選手輩出48名という実績のある

村上二美也コーチです

image1

 

とても為になる研究会で

勉強になりました

直接お話も聞くことができて学ぶことが多かったです

 

ちなみに隣の長水路プールでは

三重県強化指定選手の合宿があり

鈴木星亜くん頑張っていました

※練習に集中していたので写真は撮れず

 

そして午後は五感や色(勝ち色)を活用し

人が本来持っている力を発揮し

パフォーマンス向上に繋げるための講習

吉田貴広さんから指導を受けました

 

これが・・

とても凄いそしてめちゃくちゃおもしろい

 

顔の表情や色の違いで力の入り方が違いました

 

これはある選手の勝ち色です

image0

 

水色が一番力が発揮できると実験結果が出ました

 

コーチたちも体感しましたが

とても驚きました

 

スクールの選手にも

実践してみようと思います

 

ここで学んだことを選手コースにしっかり活かして

次につなげられるように頑張ります

 

次のレースは県JOです

ベスト更新目指してがんばろう

 

 

 

 

2020/01/18 スタッフブログ

★★選手クラスの大会がありました★★

皆さん、こんにちは

スタッフの渡辺です

 

1月12日()に選手コース対象の大会がありました。

昨年末から厳しい練習を積み重ねて、その成果を試す為

勝負の大会でもありました。

自己記録を大幅に更新した選手も数多くいる中で

思うような結果を出せなかった選手もいたということを

担当コーチとして反省する、そんな大会でした。

 

選手の皆さんは、間違いなく努力を重ねていました

私自身も、そんな頑張っている選手を応援しながら

指導していました。

 

9月のチャンピオンシップが終了してから

今回の大会で、多くの選手の笑顔を引き出せるように

泳ぐための姿勢作りや泳法に関する知識を伝えることから

始まり、年末での追い込みの練習をする中で

選手自身もこの練習をして、結果に結びつくのかと

不安に思うこともあったと思います。

私自身は、選手1人1人の日頃の努力を

正しい方向へ導くことを常に心掛けて、

1日1日の練習の様子を見て、今後の方向性を修正する

そんな3ヶ月だったと感じています。

 

1月の大会の結果を踏まえて、今後の方向性も見えてきましたので

2月の大会で更なる自己記録更新を目指して

頑張っていこうと思います

 

 

ちなみに、今大会はスイミングクラブごとの

総合順位を決める大会であり

JSS松阪は

総合第2位を獲得することができました

そして

男子13~14歳区分の優秀選手

P1140177

当スクールの鈴木君が選出されました

おめでとうございます 

 

JSS松阪の選手の活躍に今後もご期待ください

2020/01/09 スタッフブログ

JSCA三重地域海外合宿に参加!

JSS松阪の選手コースから

4名の選手が年明けから

海外合宿に参加しています

 

場所はなんと・・グアム

 

プールは日本代表選手の合宿などでも使用されている

レオパレスリゾート グアムの競泳用プール

 

プールは50mプールが2面

プール全景

・・・でけぇ

 

屋外プールで気候も最高

素晴らしい環境で練習ができているみたいです

 

引率していただいているコーチから

写真が届いたのでアップしますね

 

集合写真しかありませんが

ご了承ください

 

プールをバックにハイチーズ

プール集合

他スクールの選手とも切磋琢磨して

頑張っているかな~

 

約1週間の海外合宿なので

身体を休ませるためにも練習がOFFの日もあります

男子集合

 

OFFはおもいっきりリフレッシュ

満喫していますね

女子集合

 

そしてそして・・・

この写真

サッカー元日本代表

現在は横浜FCのプロサッカー選手

キングカズこと知良選との記念写真

キングカズ

 

グアムで練習しているところを

記念に撮ってもらったみたいです

現在52歳!! 現役バリバリ

 

レジェンドとの記念写真は

めちゃ羨ましい~

いい記念になりましたね

 

さらにさらに・・・ここでなんと

競泳日本代表で100m自由形の

日本記録保持者 中村 克選手が

同じプールで練習してました

中村克 しょう

 

中村克 せいありょうな

中村克 なつ

 

お忙しい中記念写真も撮っていただいてありがとうございます

 

また、短水路50m自由形日本記録・アジア記録保持者の

松井浩亮(こうすけ)選手もいて

松井選手とも写真を撮ってもらったみたいです

 

中村選手・松井選手

本当にありがとうございました

 

 

さて、残りの練習もあとわずか

自分のレベルアップのために

精一杯頑張れよ~

 

 

2020/01/09 スタッフブログ

初詣に行きました♪

新年あけましておめでとうございます

本年も宜しくお願い致します

 

新年を迎えたら・・

まずは  初 詣 ですよね

そ・こ・で

JSS松阪の選手コースと選手担当コーチ

初詣に行きましたよ

DSC_0464

 

今回は松尾神社という場所に向かったのですが

400段という

果てしなく長い階段をのぼるということで

出発前に、コーチたちは予行練習・・

元気あふれる20代コーチ2名・・

 

30代の私(渡辺)は、そんな勇者2名を

見守ることしかできません・・

 

DSC_0471

神社付近の駐車場に

集合してから、ジョギングで

目的地まで向かいます

私は競歩スタイルで省エネで

移動しました

 

DSC_0465

神社までの道のりは長いのですが

これも良きトレーニングと思い

積極的に階段をのぼります・・

 

DSC_0469

今年の抱負を誓い・・

 

DSC_0473

 

最後に駐車場にて、

1名ずつ目標を発表しました

今年もJSS松阪の選手コースの充実を誓う、選手・コーチ一同でした

 

本年も、JSS松阪の強化活動に

コーチ一同全身全霊で努めていきますので

宜しくお願い致します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/12/29 スタッフブログ

★冬休みもJSS松阪は大賑わい ~短期水泳教室~★

皆さん、こんにちは

 冬休みですね 

JSS松阪では冬休みでも賑やかです

 

なぜなら・・

12月24日(火)から26日(木)まで

短期水泳教室があったからです

 

PC250126

今回の短期教室は1日90分授業

クロールが泳げなかった子も

わずか1日で泳げるようになった・・

という子もいました

 

PC250125

 

PC250124

 

2日目には保護者の方が、プールサイドの中で

お子様の授業を見学しました

・・皆、いつも以上に張り切っていました・・

 

PC260128

 

3日目の最後には、10分程遊ぶ時間があり、皆大はしゃぎです

 

3日間という短い期間の中で

1人1人が「プール」を通じてかけがえのない

思い出を築くことができたのではないかと思います

 

短期教室に参加していただきありがとうございました

次回の短期水泳教室が今から待ち遠しいですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アーカイブ

TOPへページTOPへ戻る