お知らせ情報

イベントやお得な情報をお届けします。

お知らせ

2021/02/16 お知らせ

☆ うれしい会員さまの声 水中運動の効果 ☆

『先生にご報告』と、にっこり笑顔のA様

『骨量がね、同年代の人たちと比べて、138%で高かったんよ

結果報告書を持って来て下さいました

 

A様は、乳がんを患い2年ほどお休みをしていました。

その前までは、20年間JSSちくごでスイミングを継続されています🏊‍♀️💦💦

 

《結果報告書がこちら ⇓ ⇓ ⇓》

(骨密度の測定は腰椎と大腿骨を計測するのが一般的だそうです)

2018年11月と、2021年2月の比較です。

骨密度1のサムネイル

なんとA様の腰椎は50代

大腿骨は45~54才の数値です

血液検査も正常の範囲内だそうです

これは、お医者様も驚かれるでしょう

 

骨密度基準値のサムネイル

骨量は加齢とともにだんだんと減少するもの😟

手術は無事に終了したものの、

女性ホルモンが悪さする病気なので、

今もホルモン治療を継続中です

女性ホルモンを完全にストップさせるため、

本来なら更年期症状や骨量の低下は免れない状況です。

 

加齢による骨量の変化1のサムネイル

そんな中、お医者様から運動を勧められて、

今からちょうど1年ほど前に

迷わずスイミングへの復帰を選択されました

A様は以前より膝痛があります。

『息子や娘に心配や迷惑をかけないように、体力を維持したい

という強い気持ちも原動力だと感じます

 

『水泳は浮力があるので、骨量の増加はあまり見込めない』

という考え方もありますがA様は、

泳ぐ事はもちろん水中運動や水中ウォーキング、アクアバイクを行う事で、

足腰や膝が安定し、運動量(日常生活でしっかりと動く事が出来る力)が

増えた結果だと考えられます

 

 

いま、コロナ禍での運動不足が問題視されています

お医者様からの運動許可があれば、何らかの疾患ある方でも、

スイミングの水中運動で健康になれる可能性があるという事が

改めてわかった嬉しいご報告となりました

 

『私みたいに病気になった方々がちょっとでも勇気をもって

 スイミングに足を運んで頂けたら嬉しいと思って。だから、このデータを使ってね』

とにっこりしてデータを手渡してくれたA様

本当にありがとうございます

 

もし、皆さんの周りで運動したいけど迷っている方が

いらっしゃったらぜひ、スイミングを勧めてみて下さい

無料で1日体験ができます

運動への第一歩が踏み出せるように

スタッフ一同、全力でサポートします

アーカイブ

TOPへページTOPへ戻る