WEB入会予約フォーム

最新情報

「JSSコーチとトップ選手たちからのメッセージリレー」⑪ 「渡部香生子」選手編

2020.8.12

▮「JSSコーチとトップ選手たちからのメッセージリレー」⑪ 「渡部香生子」選手編

 

8月12日はロンドン・リオデジャネイロと2大会連続での五輪出場を果たし、東京大会を目指してトレーニングに励んでいる「渡部香生子」選手からのメッセージです。

先日も触れましたが、多くの選手達は毎年お盆休みのこの時期を夏の全国大会や秋のチャンピォンシップに向けた強化合宿に費やしています。

 

渡部選手も15年前、8歳の夏に初めて長野県茅野市での強化合宿に参加しました。

八ヶ岳のふもとの茅野市は標高が800mほどあり昼夜の気温差が大きいため屋外の50mプールはとても冷たく、途中で心折れる選手が続出だったといいます。

周りの選手に比べ、ひときわ小さかった彼女には初めて長期間親元を離れる寂しさも重なり辛い5日間となりましたが、最後まで涙をこらえて頑張りました。

 

そして翌年9歳の夏には夏季JOに自由形と背泳ぎの2種目で出場し、10歳の夏には200m個人メドレーで決勝5位という結果を残しています。

 

 

 

後に渡部選手は語っています。

「あまり先のことまで考え過ぎずに目の前のやるべき事、次の1本⇒次のセット⇒今日の練習⇒この合宿、そんな風に目の前の目標をひとつづつクリアしてゆく事で気が付くと目標は達成できていました」と…

 

強化クラスのトレーニングは苦しい事も多いですが、それ以上に目標をクリアした時の達成感と同時に応援してくれる家族やチームメイト、そしてコーチに結果で恩返しする喜びがあります。

そうした体験が自信と困難を乗り越える強いメンタルを培うのですね。

 

選手、そしてプールに通われるジュニアクラスの皆さんもぜひ水泳を通じて強い身体と困難に負けないタフなメンタルを養ってください!

 

それでは「渡部香生子」選手のメッセージをどうぞ

 

 

 

 

 

 

TOPへページTOPへ戻る