競技会開催情報

競技会開催情報について

ワールドカップ2011 アジアシリーズ

ワールドカップ2011アジアシリーズ結果

ワールドカップ・2011アジアシリーズ、シンガポール大会が11月4日・5日に、中国・北京大会が11月8日・9日に、日本・東京大会が11月12日・13日にそれぞれ行われました。
JSSグループより、瀬戸 大也(毛呂山)、渡部 香生子(立石)選手が出場し、瀬戸 大也選手は東京大会において男子400m個人メドレーで4分02秒44の短水路日本新記録を樹立しました。
渡部 香生子(立石)選手は、中国・北京大会において200m平泳ぎで2分19秒05、東京大会では100m平泳ぎにおいて1分05秒69とたて続けに短水路中学新記録を樹立しました。その他、大会結果は以下の通りです。

シンガポール大会
渡部 香生子(立石)
女子 50m平泳ぎ31秒895位
女子200m平泳ぎ2分20秒321位
女子200m個人メドレー2分13秒627位
中国・北京大会
渡部 香生子(立石)
女子 50m平泳ぎ32秒4913位
女子100m平泳ぎ1分06秒404位
女子200m平泳ぎ2分19秒051位短水路中学新記録
日本・東京大会
瀬戸 大也(毛呂山)
男子400m個人メドレー4分02秒441位短水路日本新記録
渡部 香生子(立石)
女子100m平泳ぎ1分05秒691位短水路中学新記録

店舗を探す

お探しの地域をご選択ください。

  • ご希望の店舗を探したい方

    全国各地にあるJSSの店舗を探せます。

    お近くの店舗を探す

TOPへページTOPへ戻る