WEB入会予約フォーム

JSS Webマガジン

~ 子育て&健康・お役立ちコラム ~
子育て・健康・体力づくりに関する情報をお届け!

【ベビースイミング】赤ちゃん用の水着を選ぶポイントとは?

2021/06/03 スイミング ベビー

ベビースイミング 赤ちゃん用の水着を選ぶ

 

ベビースイミングの水着

 

ベビースイミングを始める際には、赤ちゃんに専用の水着を着用させなければなりません。

しかし、赤ちゃん用の水着を選ぶ時にはどのような点に注意して購入すれば良いのでしょうか?

今回は、ベビースイミング時の赤ちゃん用水着を選ぶポイントについてご紹介していきます。

 

サイズはできるだけジャストサイズのものを

 

子どもの成長は早いことから、赤ちゃんの衣服類は少し大きめのものを購入する傾向にあります。

ただ赤ちゃん用水着に関してはできる限り、ジャストサイズのものを選ぶようにするのがおすすめです。

水の中に入ると水着が水を含んで大きな圧がかかることもあるため、水着が大きくなってしまったと感じることがあるのです。

大きめのサイズを選んでしまうと動きにくいと感じたり、水着が脱げてしまったりとさまざまなトラブルを引き起こしてしまい兼ねません。

子どもの安全を考慮して、可能な限りジャストサイズの水着を選ぶようにしてみてください。

 

着せやすい・動きやすい素材がおすすめ

 

着せやすい素材

 

赤ちゃん用の水着を選ぶ時のポイントに「着せやすさ」が関係してくることがあります。

ベビースイミングに来たものの水着に着替えさせることに時間がかかってしまい、赤ちゃんの機嫌が悪くなってしまった…というケースも珍しくありません。

赤ちゃん用の水着にはいろんな種類があるのですが、中でもストレッチ加工が施されているような着せやすさ・動きやすさ重視のタイプがおすすめです。

このような水着であれば、赤ちゃんがはしゃいで手足をばたつかせていても比較的着せやすいのではないでしょうか?

また、プールの中でも動きがとりやすいとされています。

 

赤ちゃん用水着の種類について

 

赤ちゃん用水着の種類

 

赤ちゃん用水着の種類をご紹介します。

 

男の子の赤ちゃん用水着の種類

 

男の子の赤ちゃん用水着をいくつか見ていきましょう。

 

パンツタイプ

 

ブリーフタイプ・トランクスタイプ・ボクサーパンツタイプなどパンツタイプにもさまざまな種類があります。

男の子の赤ちゃんであれば、このパンツタイプの水着がとくに一般的なのではないでしょうか?
ウエスト部分もゴム素材でできているため調節しやすく、締め付けもほとんど気になりません。

 

セパレートタイプ

 

トップスとボトムスに上下が分けられているセパレートタイプになります。

体温の調節もしやすいため、赤ちゃんが体を冷やす心配も軽減されます。

 

グレコタイプ

 

水着上下が一つにつながっており、お腹が出ないことからお腹を冷やす心配も少なくなるでしょう。

 

女の子の赤ちゃん用水着の種類

 

女の子の赤ちゃん用水着をいくつか見ていきましょう。

 

セパレートタイプ

 

男の子用水着同様、こちらも水着がトップスとボトムス上下に分けられています。

そのため、着替えが楽に行えるという嬉しいメリットもあります。

 

ワンピース・ロンパースタイプ

 

ワンピースタイプ・ロンパースタイプ・グレコタイプといった上下が一つにつながっている水着もあります。

露出部分が少なめかつお腹が出ることもないため、体温を保持しやすい水着タイプになります。

女の子であればとくにお腹を冷やすことは良くないとされているため、こちらのタイプを着させているという方も多いのです。

 

おわりに

 

今回は、ベビースイミング時の赤ちゃん用水着を選ぶポイントについてご紹介しました。

赤ちゃん用の水着を選ぶ際には、デザインや形といったビジュアル面にこだわりをもってしまいがちですが、赤ちゃんが不快な思いをしないように着やすさ・動きやすさに着目して選ぶことも大切です

また、赤ちゃんの水着を選ぶ際にはできる限りジャストサイズを選ぶようにして、脱げたり水圧で重くなったりさせないように注意するのがポイントです。

 

 

TOPへページTOPへ戻る