WEB入会予約フォーム

JSS Webマガジン

~ 子育て&健康・お役立ちコラム ~
子育て・健康・体力づくりに関する情報をお届け!

【ベビースイミング】母親の水着はどんなものにすれば良い?

2021/10/15 スイミング ベビー 大人

【ベビースイミング】母親の水着について

 

母親の水着

 

赤ちゃんのベビースイミングに母親が参加する場合、考えておきたいのが「母親の水着をどういったものにするか」です。

今回はベビースイミングで着用する母親の水着について、水着の種類や選び方のポイントとあわせてご紹介していきます。

 

【ベビースイミング】母親の水着の種類は?

 

母親の水着の種類

ベビースイミングでよく着用されている母親の水着の種類を見ていきましょう。

 

ワンピース型

ワンピース型の水着は、上下がつながっています。

一般的には「スクール水着」がこの形であることが多いでしょう。

ワンピース型の水着は水の抵抗を軽減して泳ぎをスムーズにするため、身体にフィットしやすいように設計され、作られています。

袖がなくノースリーブになっているものが多い傾向にあるほか、身体のラインも出やすいため、「肩回り・腕・足といった部分の露出が少し気になる」という方もいるでしょう。

 

セパレート型

セパレート型の水着は、上下に分かれていることが特徴です。

トップスに関してはワンピース型と同じくノースリーブのもの、半袖や長袖になっているものもあります。

ボトムスに関しても、ショート丈やミドル丈のスパッツタイプ、足首あたりまですっぽりと隠れるレギンスタイプがあります。

ワンピース型よりも露出を抑えることができるため、太ももや二の腕など気になる部分があるという方にはとくにおすすめの水着です。

また、水着が上下で分かれていることから、着脱もしやすいです。

 

オールインワン型

オールインワン型の水着はワンピース型同様、上下一体になった水着です。

ただワンピース型とは異なり、ノースリーブに限らず袖付きのものがあります。

またスパッツのように、ボトムスの丈が長めであるという特徴も挙げられます。

面積が広く取られているため、露出を気にすることなく泳げます。

 

【ベビースイミング】母親の水着の選び方について

母親の水着の選び方

ベビースイミングで着用する母親の水着の選び方を見ていきましょう。

 

自分のスイミングにも使いたい方は「オールインワン型」

「ベビースイミングではもちろん自分のスイミングにも使いたい、けど露出があるのはちょっと」という方には、全体的な露出が抑えられたオールインワン型の水着がおすすめです。

オールインワン型の水着は、セパレート型の水着のようにお腹の部分がめくれ上がることがないため、泳ぎに集中しやすくなります。

 

「めくれ防止付き」のものを選ぶと安心

「着替えやすいものが良いけれど、赤ちゃんに水着を持たれた際にめくれたりずれたりしないものであって欲しい」という方には、「めくれ防止付き」のセパレート型水着がおすすめです。

セパレート型はその名の通り、水着が上下に分かれているため、着脱がスムーズにできます。

水着は基本的に、水に濡れると肌に引っつき着脱しにくくなってしまいますが、セパレート型水着であればその心配もいりません。

また、中にはトップス・ボトムスにボタンやフックといった「めくり防止」が付いたものもあります。

ベビースイミングで赤ちゃんに水着を持たれる・引っ張られるといったことがあった場合でも、安心してスイミングに取り組めます。

 

また、注意点として「ビキニ」は着用しないようにしましょう。

露出の多いビキニを着用NGとしているスイミングスクールも多いです。

肌の露出は控え、着脱はしやすくとも脱げてしまう心配がない水着を選びましょう。

 

おわりに

今回はベビースイミングで着用する母親の水着について、水着の種類や選び方のポイントもあわせてご紹介しました。

ベビースイミングでは母親の水着を赤ちゃんが引っ張ってしまうことがあります。

そのような場合でも、めくれたりはだけたりしないような水着を選ぶと安心です。

ご紹介した水着の種類から自分に合ったタイプのものを選んでみてください。

 

TOPへページTOPへ戻る