JSS Webマガジン

~ 子育て&健康・お役立ちコラム ~
子育て・健康・体力づくりに関する情報をお届け!

リラックス効果の高いスイミングはお疲れ気味の中高生にもおすすめ

2022/03/26 スイミング 健康

リラックス効果の高いスイミングは中高生に

リラックス効果が高いスイミング

 

「スイミングはリラックス効果が得られる」ということをご存知でしょうか?

本記事では、スイミングはリラックス効果が高いとされている理由や中高生に嬉しいそのほかの効果についてもご紹介していきます。

 

スイミングで心身ともにリラックスできる

 

スイミングでプールの水に浸かった時のひんやりとした感覚、そして水に浮いた時のフワフワとした感覚はそれぞれ脳に良い刺激を与えており、この刺激を受けた瞬間、脳から幸せホルモンである「セロトニン」が分泌されています。

この分泌によって「筋肉を緩める・気持ちの安定」効果がもたらされるため、自然とリラックスすることができるのです。

ある説によると、水中でリラックスするという感覚は、母親の胎内にいた頃の記憶が関係していると言われています。

そのため、手足を伸ばした状態で水にプカプカと浮いているだけであっても、身体全体の余分な力を抜くことができて、非常にリラックスした状態にすることができるのです。

またスイミングでは、お腹や胸の部分にかかる水圧の負荷に応じるようにして、肺周辺の呼吸筋が強化されていき、最終的には「深い呼吸」を行うことができるようになります。

最初は水への不安・緊張から身体が固くなっていたとしても、慣れてくると身体の筋肉も緩んでいくため深い呼吸を行えるようになり、一層リラックス効果を高めることができるでしょう。

また、適度に身体を動かすことによって、質の良い睡眠を促してくれます。

 

スイミングでうつ症状・不安感も軽減

うつ症状や不安感の軽減

 

スイミングスクールなど定期的な運動習慣があることで、うつ症状・不安感といったものを改善できるという研究結果があります。

継続して有酸素運動を行うことで、ストレス緩和に効果的とされるセロトニンが多く分泌されます。

有酸素運動であるスイミングは、このようなメンタルヘルス問題に対しての解決策として非常に有効であるということが証明されてきているのです。

とくにスイミングは個人個人の運動ペースに合わせて時間や運動量を調節することができるため、無理のない範囲で運動の習慣をつけるには非常に効果的なスポーツであると言えるでしょう。

 

スイミングによって勉強にも精を出すことができる?

勉強に精をだすことができる

 

英国のある調査で、習慣的にスイミングを行っていた複数人にインタビューした結果、約4割が「スイミングを始める前より幸福感が高まった」、約3割が「日常での面倒なタスクを意欲的に取り組めるようになった」という結果になりました。

この結果より、スイミングはうつ症状・不安感を軽減できることに加えて、タスク処理能力の向上も期待できるということが分かります。

またスイミングは全身運動であることを前提に、手・腕で水をかいて足で水を蹴るという異なる動きを行うため、脳の活性化にもつながります。

この際、頭の中でスイミングでの泳ぎ方を一つ一つイメージしながら泳ぐことで左脳が、自然に泳ぐことで右脳が効果的に使われるとされており、右脳・左脳それぞれの働きがバランス良くなると、忍耐力・記憶力・積極性が向上すると言われています。

このようにスイミングを継続して行うことによって、中高生の方など学生の本分である「勉強・学業」にも良い効果が表れやすくなると言えるでしょう。

 

おわりに

 

本記事では、スイミングはリラックス効果が高いとされている理由や中高生に嬉しいそのほかの効果についてもご紹介しました。

スイミングは、勉強や部活など毎日忙しい中高生の方にぴったりのリラックス方法であると言えます。

少しお疲れ気味の中高生の方は、ぜひスイミングスクールでリラックスタイムを確保してみてはいかがでしょうか?

 

 

TOPへページTOPへ戻る