JSS Webマガジン

~ 子育て&健康・お役立ちコラム ~
子育て・健康・体力づくりに関する情報をお届け!

【スイミングスクール】水泳で多くカロリーを消費する方法は?

2022/07/30 スイミング 健康 大人

【スイミングスクール】水泳でカロリー消費

 

水泳でカロリー消費

 

夏が近づくにつれて「身体を引き締めたい!」とお考えの方も多いかと思います。

しかし、ダイエットを目的とした水泳では、一体どのくらいのカロリーを消費することができるのでしょうか?

本記事ではスイミングスクールで覚えておきたい、水泳で多くカロリーを消費する方法についてご紹介していきます。

 

水泳でカロリーを多く消費させる方法

水泳でカロリーを多く消費させる方法をご紹介します。

 

インターバルトレーニングを行う

 

泳ぐスピードが速いほど、ワークアウトの難易度も高くなります。

しかし、水泳選手ではない一般の方の場合、常にハイスピードで泳ぎ続けるということはとても難しいことかと思います。

そのため「インターバルトレーニング」を取り入れるのがおすすめです。

例としては、ハイスピードの泳ぎ方を30秒間と休憩の30秒間を交互に繰り返すというものが挙げられます。

そうすることで泳ぐスピードと泳ぎ方のフォームを正しいものに保ちやすくなり、結果としてパフォーマンスと消費カロリーの量が上がるということにつながります。

 

水泳コーチと共に行う

 

スイミングスクールの水泳コーチと共にワークアウトの強度や距離、本数などの設定を計画したり、フォームチェックを行ったりすることで、数ヶ月後にはノンストップで泳ぎ続けることができる時間とそのスピードが伸びてくると言われています。

その結果、カロリー消費量がアップするのです。

また寄り添ってくれる水泳コーチと共に水泳を行うことで、水泳トレーニングに対しての恐怖心・ためらいといったものを乗り越えることができ、水泳を楽しみながら続けることができるでしょう。

 

水泳ではカロリー消費以外にも得られるダイエット効果がある?

カロリー消費以外のダイエット効果

 

水泳ではカロリー消費以外にも得られるダイエット効果があることをご存知でしょうか?

 

「シェイプアップ」効果

 

全身の筋肉を効果的に使うのが水泳です。

身体全体を動かしながら泳ぐことによってカロリー消費ができるうえ、全身の筋肉のバランスを鍛えることができ、シェイプアップの効果が期待できるのです。

 

「脂肪燃焼」効果

 

筋肉量がアップすることで、必然的に基礎代謝も向上すると言われています。

基礎代謝が向上することで脂肪燃焼も効果的に行えるため、水泳であっても効率的にカロリー消費ができるうえ、日常生活内で消費することができるカロリー量も上がるでしょう。

 

「血行促進」効果

 

全身の筋肉量が増えると、血行促進の効果も期待することができます。

血液の流れが改善されると新陳代謝もアップし、痩せやすい身体づくりにつながるのです。

 

泳ぎ方によって消費カロリーは異なる

泳ぎ方で消費カロリーが変わる

 

水泳の泳ぐスピードだけでなく、泳ぎ方によっても消費カロリーが異なるということをご存知でしょうか?

下記に60kgの体重の方が1時間泳ぎ続けた場合の消費カロリーを泳ぎ方別にまとめました。

 


 

泳ぎ方を変えることによって、同じ時間泳ぎ続けたとしても消費カロリーが多い・少ないという差が出てきます。

ただ、カロリー消費を上げようと初めから難しい泳ぎ方をしたり、泳ぐ時間を無理やり長くとってしまったりすると身体に大きな負担がかかってしまい、継続することが難しくなってしまいます。

まずは自分が泳げる泳ぎ方から始めたり、運動時間を少しずつ延ばしていったりして、無理のない範囲で段階を踏んで難易度を上げていくことをおすすめします。

 

おわりに

 

本記事ではスイミングスクールで覚えておきたい、水泳で多くカロリーを消費する方法についてご紹介しました。

水泳は工夫次第で効率的にカロリー消費を行うことができるため、自分が無理のない範囲内で毎日少しずつでも続けることで引き締まった身体を手に入れることができるでしょう。

 

 

 

 

TOPへページTOPへ戻る