JSS Webマガジン

~ 子育て&健康・お役立ちコラム ~
子育て・健康・体力づくりに関する情報をお届け!

スイミングスクール】水泳で冷え性を改善って本当?

2022/03/23 スイミング 健康

【スイミングスクール】水泳で冷え性を改善

水泳で冷え性改善

 

冬場の季節になると身体の「冷え」に悩まされる方も多いと言います。

水泳は冷え性の改善に効果的であるとされており、実際にスイミングスクールに通っている子どもたちは「冷え性」の体質を持っていないことが多いです。

本記事では冷え性になる原因や、水泳で冷え性を改善できる理由・効果についてご紹介していきます。

 

冷え性の原因とは?

冷え性の原因

 

冬場の季節に手先・足先が冷たくなってしまうという経験は、ほとんどの方がされているのではないでしょうか?

しかし気温によって冷えが起きてしまうのではなく、元々、手足の先端が温まりにくい「慢性的な冷え」を体質として持っている方もいます。

このような、常に身体が温まりにくい体質のことを「冷え性」と言います。

冬場に限らず夏場であっても身体が冷える・身体が冷たく感じるなどの症状も冷え性に当てはまります。

そんな冷え性は、本来働いていなければならない「体温調節機能」がきちんと働いていない状態であり、考えられる原因としては下記が主なものになります。

 

自律神経が乱れている

 

不規則な生活習慣・ストレスによって、体温調節の命令を出す「自律神経」の機能が乱れてしまいます。

また室内で空調が効いており、身体がそれに慣れてしまうと、室内・室外での温度差が激しくなってしまうため、自律神経が上手く働けなくなります。

このようなことから、夏場であっても冷え性になってしまうことがあります。

 

筋肉量が少ない

 

男性と比較すると女性は筋肉量が少ないため、筋肉運動によって生じる「血流量・発熱量」も比例して少なくなってしまうということもあります。

これが、とくに女性に冷え性の方が多い原因の一つでもあります。

女性に限らず運動不足の方も同じくして筋肉量が少ないので、どうしても身体は冷えやすくなるでしょう。

 

血流が滞りがち

 

元々、貧血や低血圧といった血管系の疾患がある方は、血液循環があまり良くなく、冷え性になりやすいと言われています。

 

女性ホルモンが乱れている

 

「ストレスが多い生活をおくっている」「更年期になった」ことによって、女性の心身のバランスをコントロールしている女性ホルモンの分泌が乱れるようになり、血行が滞ってしまうことがあるのです。

 

皮膚感覚が乱れている

 

少し小さめの服・下着、靴などを着用することで身体を締め付けてしまうと、血行が滞って皮膚感覚が麻痺してしまい、寒さを感じにくくなってしまうことがあります。

このため、体温調節の指令が伝達されにくくなってしまうのです。

 

水泳は冷え性を改善することができる?

スイミングスクールで冷え性改善

 

水泳を続けることで身体が冷えにくくなると言われています。

水泳で身体全体の筋肉を動かすことで血行促進につながり、リンパの流れが改善されます。

また、適度な有酸素運動は筋肉中の毛細血管(血管の95%もの割合)の活性化に効果的です。

結果的に身体の新陳代謝も上がるため、身体の中枢部分はもちろん末端部分まで血が行き届き、冷え性を改善させることができるのです。

スイミングスクールのプールの水温は30℃前後くらいと、人の体温より少し低く設定されています。

少し冷たさを感じる水の中で身体全体を動かすことで、身体の体温を高める機能が自然と活性化されると言われています。

このようなことから、水泳は代謝向上・冷え性対策として非常に効果的なのです。

 

おわりに

 

本記事では冷え性になる原因や、水泳で冷え性を改善できる理由・効果についてご紹介しました。

冷え性は、本来働かなければならない体温調節機能がしっかりと働いていない状態を指しているということが分かりました。

スイミングスクールに通って身体全体の筋肉を効果的に動かし、血行促進・新陳代謝向上・リンパの流れを改善して、身体の中枢部分に限らず末端部分まで血が行き届くようにしましょう。

 

 

TOPへページTOPへ戻る