JSS Webマガジン

~ 子育て&健康・お役立ちコラム ~
子育て・健康・体力づくりに関する情報をお届け!

スイミングスクールの子ども向けコースには主にどんな種類があるの?

2022/11/08 キッズ スイミング・水泳

スイミングスクールの子ども向けコース

スイミングスクールのコース

 

子どもの習い事として常に人気を集めているのが、スイミングです。

ただ「スイミングスクールでは一体どのようなことを行うのだろう…」と疑問を持たれている方も多いもの。

本記事では、スイミングスクールの子ども向けコースには主にどんな種類があるのかという内容についてご紹介していきます。

 

【スイミングスクール】子ども向けのコースの種類は?

子ども向けのコースの種類

 

スイミングスクールにおける、代表的な子ども向けコースの種類をいくつかご紹介します。

 

水慣れを目的としたベビースイミングコース

 

ベビースイミングは赤ちゃんの発達・発育に非常に好影響を与えると言われています。

適度かつ快適に行うことができるベビースイミングを続けることで、赤ちゃんがよく眠れるようになる・食欲が増す・風邪を引きにくくなるなど、たくさんの嬉しい効果が期待できると言われており、脳の発達にも大きく影響します。

加えて母親や父親と一緒に楽しむものであるため、親子でのスキンシップを楽しみつつ、効果を最大限にあげることができるのです。

 

少しずつ水泳に移行するジュニアスイミングコース

 

グループ制で行われることが多いジュニア向けのスイミングコースです。

泳力レベル別に行われる丁寧できめ細やかな指導により、子ども一人一人の泳力を引き上げていきます。

無理なく楽しんで泳ぐことを大切にしているため、子どもたちの自信にもつながります。

4歳までのコース、幼稚園児・未就学児向けのコース、小学生向けのコース、中高生向けのコースなど、年代別にそれぞれコースが分けられていることが多いです。

 

本格的に水泳を学ぶ選手育成コース

 

「クロール・平泳ぎ・背泳ぎ・バタフライ」の4泳法をしっかりと習得することができた子どもが次に目指すステップとなるのがこちらのコースです。

 

目的に合ったコース形式を選ぶことが大切

両手バックハンドのコツ

 

「どのような目的を持ってスイミングスクールに通うか」ということを明確にしておくことも大切です。

 

親子での習い事ならベビースイミングを

 

まだ小さい赤ちゃんに何か習いごとをさせたいという場合、ベビースイミングがおすすめです。

赤ちゃんの場合、保護者のサポートがどうしても必要なので、親子で共に習い事ができるベビースイミングのレッスンがおすすめです。

親子で自然と肌同士のコミュニケーションを取ることができ、赤ちゃん自身も安心感・信頼感を一層深く感じることができるでしょう。

 

一つひとつ上達したい場合は進級制のレッスンを

 

スイミングスクールは進級制というところも多く、上達具合によってクラス分けをして授業をおこなっています。

進級制の場合は、順を追っていくことで着実に成長することができるというのがメリットの一つです。

一般的なのは、定期的に進級テストを行って進級するスタイルです。

 

春休み・夏休みに集中して泳力を上達させたい場合は短期レッスン

 

春休み・夏休みの期間で短期レッスンを開催しているスイミングスクールも多いもの。

スクール生でなくても参加することができる場合もあり、体験レッスンとしても利用することができます。

短期カリキュラムも用意されているので、短い期間でも泳力の向上を期待することができます。

 

大会出場・プロ選手を目指すなら選手コース

 

オリンピックなどの大きな大会に憧れ、「将来水泳選手として活躍したい」と強い想いを持っている子どもには、選手コースもおすすめです。

選手コースとは言っても水慣れから基礎練習を経て、少しずつ実力を身に付けていく形で指導を行っているスクールが多いです。

 

おわりに

 

本記事では、スイミングスクールの子ども向けコースには主にどんな種類があるのかという内容についてご紹介しました。

水泳初心者から上級者まで幅広く、子どもたちに向けて丁寧な指導を行うスイミングスクール。

可能であれば全国大会で活躍する選手やオリンピック選手を輩出しているスクールを選ばれてみてはいかがでしょうか。

気になる方はぜひ体験教室を試してみてください。

 

▽おすすめコース▽

ベビースイミングコース

ジュニアスイミングコース

選手育成コース

 

キッズも大人もJSSではじめよう!スイミングスクール WEB入会予約はこちら バナー画像

TOPへページTOPへ戻る