JSS Webマガジン

~ 子育て&健康・お役立ちコラム ~
子育て・健康・体力づくりに関する情報をお届け!

スイミングスクールに通うことで得られる心理的なメリットについて

2022/07/01 キッズ スイミング 健康 大人

スイミングスクールの心理的なメリット

スイミングスクールで得る心理的メリット

 

程よい疲労感と達成感を得ることができ、比較的継続しやすいスポーツと言われているのがスイミングです。

本記事では、スイミングスクールに通うことで得られる心理的なメリットについてご紹介していきます。

 

スイミングは心理的にもメリットが大きい

 

スイミングは心理的にもメリットが大きいと言われる理由をご紹介します。

 

うつ症状軽減・抑うつ状態の改善が期待できる

 

スイミングで定期的に運動の習慣をつけることで、うつ症状軽減・抑うつ状態の改善が期待できるとされています。

有酸素運動にあたるスイミングを継続することで、ストレス緩和に有効とされている幸せホルモンの「セロトニン」が多く分泌されます。

また、スイミングは自身のペースで運動量・運動時間を調節できるので、普段運動の習慣がない方でも無理なく運動を続けることができる有効なスポーツだと言えるのです。

 

ストレスが緩和される

 

スイミングで得られる心理的メリットの中に、「ストレス緩和」も含まれています。

毎日忙しい生活を送る社会人・学生にとって、ストレスを緩和させる方法を心得ておくことは非常に大切なことにあたります。

スイミングスクールのプールに浸かり、水・温水に触れることによって身体が自然とリラックスした状態になるでしょう。

このことから、スイミングはストレス緩和の効果があるとされています。

朝一番に泳ぐことで「やる気・意欲」といったものが湧いてきて、1日を活動的に過ごすことができます。

また仕事・学校の後に泳ぐことで身体がリラックスした状態になり、程よい疲労感を得ることができるため、質の高い睡眠ができる効果もあるのです。

 

スイミングでポジティブ思考になる?

 

ポジティブ思考になる

 

スイミングは肩甲骨を開いたり、縮めたりすることができるスポーツです。

つまりスイミングを継続して行うことで、肩甲骨の可動域も自然と広がってくるのです。

これにより、「姿勢を良い状態に保ちやすくなる」というメリットがあります。

そもそも姿勢が悪くなってしまう原因の一つとして、肩甲骨の可動域が狭くなることで肩が丸くなってしまい、肩甲骨を縮めることが難しくなってしまうということが挙げられます。

肩甲骨の可動域を広げることは可能なのですが、すぐに元に戻ってしまいやすくなるのです。

スイミングを続けることで肩甲骨の可動域を常にキープさせることができるため、美しい姿勢を保ち続けることができるというわけです。

そして姿勢が良くなることは、精神面にも良い影響を与えてくれるのです。

一概に言えることではありませんが、うつ症状の傾向がある人ほど姿勢が悪くなってしまう傾向にあると言われています。

これは言い換えると、姿勢が良い人ほど明るくポジティブな性格の人が多いと言えるのです。

 

身体がケアしやすくなり自己イメージも改善される!

 

自己イメージが良くなる

 

スイミングには筋力トレーニング・有酸素運動、双方の要素が含まれています。

水の特性を利用して自然と筋肉をつけることができ、動き続けることによって脂肪燃焼効果も期待することができます。

そのため、ダイエットを行うにあたって非常に有効なスポーツであると言えるのです。

自分の身体に自信が無いという人は意外と多いもの。

自分の身体の中でコンプレックスにあたる部分・改善したいと思っている部分も、スイミングを始めることによって身体能力が向上し、体調面が良くなることに加えて心身調和も高めることができるため、自己イメージが改善されるという効果があるのです。

 

おわりに

 

本記事では、スイミングスクールに通うことで得られる心理的なメリットについてご紹介しました。

スイミングを継続することで、自己イメージが良くなり、「自分を信じる力・認める力」も養われていきます。

これにより、困難に直面した場合も不安を感じることなく立ち向かう・乗り越えることができるようになるでしょう。

 

 

TOPへページTOPへ戻る