WEB入会予約フォーム

JSS Webマガジン

~ 子育て&健康・お役立ちコラム ~
子育て・健康・体力づくりに関する情報をお届け!

子どものスポーツ系の習い事には「テニススクール」がおすすめ!

2021/09/18 キッズ テニス

スポーツ系の習い事にはテニススクール

テニススクール

 

子どものスポーツ系の習い事として人気があるのが「テニススクール」です。

保護者の方の中には、テニススクールが人気の理由や、通うことによりどのような効果を得ることができるのかを知りたいという方も多いでしょう。

今回は子どものスポーツ系の習い事には「テニススクール」がおすすめの理由と、何歳から始めることができるのかについても併せてご紹介していきます。

 

テニススクールを習い事にするメリットは?

テニススクールのメリット

 

テニススクールを習い事にするメリットをご紹介しましょう。

 

運動能力が総合的に鍛えられる

 

一つ目のメリットとしては、テニスを行うことによって総合的に運動能力が鍛えられるということが挙げられます。

テニスは一見、「打つ」の動作のみが重要なポイントになっているように思われますが、実際のところは「打つ」に限らず「走る」「跳ぶ」といった運動も必要になってきます。

テニスは「ボールが飛んでくる方向・速さなどをその場で判断し、そこまで走っていき、場合によっては跳ぶ動作も加えながらボールを打ち返す」という流れになりますが、この一連の動きの中に、上記の「打つ」「走る」「跳ぶ」が含まれています。

ボールの速さ・動体視力・体力・ボールを打ち返す筋力など、必要な要素がたくさんあるため、テニススクールに通うことでさまざまな運動能力を鍛えることができるのです。

 

戦略を考える力

 

テニスでは「相手がどのような球を打ってくるか」「どのようなタイミングでボールが来るか」というポイントをしっかりと押さえることが大切になってきます。

これには相手の選手との心理戦にもなってくるため、身体を動かすのと同時に「どのような球にするのか」を考えなければなりません。

即時に動ける瞬発力と戦略を考える力が自然と養われるでしょう。

 

メンタルを鍛えることができる

 

テニスは基本的には個人競技であるため、その時の精神面がプレーにも反映されると言われています。

たとえ世界ランキングの上位選手であってもこのコントロールがしっかりと行えていないと、技術面では勝っていたとしても、精神面がプレーに表れてしまい負けてしまうこともあるのです。

そのため、「テニスは精神面との戦いである」とも言われているのです。

この精神面をコントロールできる力は、テニスなどのスポーツに限らず、私生活や仕事においても非常に役に立つ能力となるでしょう。

 

テニススクールは何歳から始められるの?

何歳から始める

 

テニスはラケットとボールを使って行うスポーツであるため、ある程度体が成長しなければ始めるのは難しいとされています。

このことから、多くのテニススクールでは「4歳から5歳」を入会の制限として定めています。

ただ、就学前は本格的にテニスの練習や試合などを行うということではなく、ラケットとボールを使用して簡単な遊びを行うということから始まります。

練習・試合を行うことができるのは小学校にあがってからということが多いでしょう。

就学前はできる限り子どもに「テニスを楽しむ気持ち」をもたせることが大切です。

子どもに本格的に指導が入るのは、体がきちんと成長してくる小学生になってからと思っておきましょう。

 

おわりに

 

今回は子どものスポーツ系の習い事には「テニススクール」がおすすめの理由と、何歳から始めることができるのかについても併せてご紹介しました。

テニススクールに通うことで、運動能力はもちろんのこと精神面も非常に鍛えられるため、子どもが成長しても役に立つ要素が詰まっているのです。

「子どもにテニススクールに通わせるか迷っている…」「どんな効果を得られるの?」とお考えの方は、ぜひ当記事を見て検討されてみてください。

 

 

TOPへページTOPへ戻る