WEB入会予約フォーム

JSS Webマガジン

~ 子育て&健康・お役立ちコラム ~
子育て・健康・体力づくりに関する情報をお届け!

ベビースイミングはいつから始められるの?適した年齢は?

2021/12/25 スイミング ベビー

ベビースイミングはいつから始められるの?

 

ベビースイミングに通う

 

「ベビースイミングを始めたいけれど、一体いつから始めるのが良いの?」と疑問を抱かれている保護者の方も多いかと思います。

まだまだ何かと不安な赤ちゃんと共に始めるベビースイミングであるため、始める際にはそのタイミングをしっかりと分かっておきたいところです。

本記事では、ベビースイミングはいつから始めることができるのかという内容についてご紹介していきます。

 

ベビースイミングはいつから?年齢は?

ベビースイミングの年齢

 

ベビースイミングの申し込みができるのは、基本的には赤ちゃんの首が据わり、身体の造りもしっかりとできてくる「生後6ヶ月頃」からとされています。

この生後6ヶ月という時期は、赤ちゃんの一人一人の体質もはっきりとしてくる時期であるので、プールに入っても大丈夫かということも判断しやすくなります。

中には生後4ヶ月頃から参加の受け入れを行っているスイミングスクールもありますが、必ず赤ちゃんの首がきちんと据わってから行うようにしましょう。

短時間でも一人でお座りをすることができるようになってからの方が、保護者が先にプールに入る時や着替えている時に座って待つことができるため安心だと言えます。

ただ、赤ちゃんの成長に関しても個人差が出てくるもの。

「うちの赤ちゃんは大丈夫だろうか…」と心配されている方は、多くのスイミングスクールで実施されている見学会・体験教室に参加されてみることをおすすめします。

 

ベビースイミングの嬉しい効果やメリット

ベビースイミングのメリット

 

ベビースイミングの嬉しい効果やメリットについてご紹介していきます。

 

赤ちゃんとのスキンシップが取れるため距離が縮まる

 

プールの中で赤ちゃんが溺れてしまわないように保護者の方がしっかりと支えているため、肌同士のスキンシップが多く行われます。

お母さんやお父さんとスキンシップをたくさんとることによって赤ちゃん自身も安心します。

このような親子でのコミュニケーションをとりながらベビースイミングを行うことで、親子の絆も一層深くなるとされています。

普段あまり赤ちゃんとのスキンシップがとれていないと感じる保護者の方にとって、もベビースイミングは非常に良い機会になると言えるでしょう。

 

水に対しての恐怖心がなくなる

 

赤ちゃんの頃から何度もプールに入り続けることによって、赤ちゃんは水に慣れてきます。

ベビースイミングでは保護者と共に遊ぶため楽しい気分を味わうことができ、水中であっても恐怖を感じることが減っていくでしょう。

将来的には水に対しての恐怖心もなくなってきます。

また、水に慣れてくると次第にお風呂も嫌がることが無くなってくるうえ、夏場であればプールや海に連れていくこともできます。

 

しっかりとお昼寝してくれる

 

ベビースイミングで水中に浸かっているというだけでも、赤ちゃんはかなりの体力を消費します。

そのためベビースイミングが終わった後には、ぐっすりお昼寝する赤ちゃんがほとんどであると言います。

「いつもなかなか眠ってくれなくて苦労している…」という保護者の方も、ベビースイミング後であれば寝かしつけるのが一気に楽になるかもしれません。

ベビースイミングを決まった曜日・時間に通い続ければ、赤ちゃん自身も「お昼間に運動を行って夜はしっかりと眠る」という生活サイクルを作ることができ、育児がしやすくなるのではないでしょうか?

 

おわりに

 

本記事では、ベビースイミングはいつから始めることができるのかという内容についてご紹介しました。

基本的にベビースイミングは、赤ちゃんの首がしっかりと据わっている「生後6ヶ月頃から」始めるのが良いとされています。

ただ赤ちゃんの成長にはそれぞれ個人差があるものなので、まずは見学や体験に参加して赤ちゃんができそうかどうか様子を見てみるところから始められてくださいね。

TOPへページTOPへ戻る