JSS Webマガジン

~ 子育て&健康・お役立ちコラム ~
子育て・健康・体力づくりに関する情報をお届け!

なぜ人気?子どもの習い事ならスイミングスクールがおすすめな理由

2021/09/10 キッズ スイミング・水泳

スイミングスクールが子どもの習い事で人気

スイミングスクールが人気

 

「周りにスイミングスクールに通っている子が多いような気がするけど、どうして?」という疑問をもった方も少なくないでしょう。

今回は、スイミングスクールが子どもの習い事として人気の理由についてご紹介していきます。

 

子どもをスイミングスクールに通わせる理由

通わせる理由

 

スイミングスクールは子どもの習い事として非常に高い人気を誇っています。

子どもをスイミングスクールに通わせているという保護者の方の中には「基礎体力をつけさせたいから」「学校のプールの授業を楽しく受けて欲しいから」「ぜんそくを治させたいから」「肥満防止のために」などの理由から、スイミングスクールに通わせているというケースもあります。

もちろん上記以外にもさまざまな理由で通わせている人がいるため、理由を一概にまとめることはできません。 

そこで、スイミングスクールが子どもの習い事に人気な理由でよく耳にするものを以下にまとめてみました。

 

【子どもの習い事】スイミングスクールが人気の理由は?

子どもに人気の理由

 

子どもの習い事としてスイミングスクールが人気の理由について、多い意見を見ていきましょう。

 

ケガをしにくいため

 

水泳中のケガのリスクが非常に少ないことが人気の理由の一つとして挙げられます。

身体が成長過程の段階にある子ども。

そんな子どもの身体の特定部分に力がかかり過ぎないということは、安全性が高いと言えます。

 

水難事故から身を守るため

 

毎年夏に報告される不幸な水の事故から身を守るために泳ぎをマスターしたい。

スイミングスクールでは年齢や泳力によってクラス分けされており、無理なく泳ぎをマスター出来ます。

また、水難事故防止のための「安全水泳」のレクチュアーや「着衣水泳」の体験をさせてくれるスイミングスクールもあります。

 

効率的に全身運動ができるため

 

水中で行う全身運動であるため、骨格や関節に過度の負荷をかけることなくバランスよく全身の筋肉を鍛えることができます。

 

ぜんそく治療にも効果的なため

 

水中では水圧により呼吸筋が鍛えられるため、陸上での運動よりも効率的に心肺機能を鍛えることが可能となります。

このことからぜんそく治療にも効果が高いとされています。

 

水に対しての恐怖心が軽減されるため

 

「プールの授業が苦手…」「お風呂が怖い」という子どもは水に対して恐怖心をもっているのかもしれません。

子どもが小さい頃からスイミングスクールに通わせていると、水に対しての恐怖心を軽減させていくことができます。

恐怖心が薄れていくと、今度は「泳ぐことが楽しい」と感じ始める子どもも多いのです。

 

頭が良くなると言われているため

 

スイミングをすると空間認知能力が鍛えられると言われており、子どもの脳の発達にとても良い影響を与えると言われています。

また、東大生の6割が小学生時代スイミングスクールを経験していると言われるように、進級基準に挑戦する過程で集中力が養われ、目標達成により自信がつくなどの精神的な面でも成長が期待できます。

 

コンプレックス解消のため

 

友達がみんな泳げている中、自分だけ泳げないとなると子どもはコンプレックスを抱えてしまう事になります。

「泳ぐことができない」というコンプレックスを払拭させるためにも、子どもをスイミングスクールに通わせるという保護者の方も多いと言います。

 

大人になっても続けやすいため

 

スイミングは、子どもはもちろん、成人や年配層になっても安全に続けることができるスポーツです。

生涯を通じて楽しみ続けることができるスポーツなので、習い事として通わせる方も多いのです。

 

癒やし効果があるため

 

スイミングには癒やし効果があります。

スイミングを行うと「セロトニン」物質が脳から出されると言われています。

この物質は精神を安定させる効果があるため、子どもがストレスを溜めにくくなるでしょう。

 

何歳からスイミングスクールに通う子が多いのか

何歳からスイミングスクールに通うのか

 

 

一般的に「運動神経」と呼ばれている脳神経回路が成長するのは5歳頃までで8割、12歳でおおよそ10割に達すると言われています。

神経発達が完了する前の成長期の頃に、子どもに多くの経験をさせてあげて刺激を与えることによって運動神経を高めてあげることができるのです。

そのため、グッと運動神経が発達すると言われている4~6歳頃までに通い始めるのが効果的だと言えるでしょう。

ただ、赤ちゃんの頃から水に慣れておくことで、水に対しての恐怖心も薄れ、運動神経の発達を促進させるという意味でも良い効果を発揮してくれます。

しかし、子どもが嫌がっているようであれば、無理やり始める始めさせる必要はありません。

成長にあわせて他のお友達から触発されて自ら水遊びをしたい・プールに入りたいと思うようになることもあります。

 

スイミングスクールの月謝の相場は?

 

スイミングスクールの月謝の相場について見ていきましょう。

 

初期費用はいくら?

 

スイミングの初期費用には入会費や登録料といったものが含まれますが、この金額はスイミングスクールによって2,000円~10,000円と幅があるものです。

直接スイミングスクールに確認してみることをおすすめします。

 

月謝の相場はいくら?

 

1週間に1度の月謝であれば、おおよそ7,000円~8,000円あたりが相場だと言えるでしょう。

ただ、こちらもスイミングスクールごとに異なるものです。

年齢によっても変わってくるものであり、1週間に複数回通うという場合はその分やはり金額も上がります。

 

検定

 

スイミングと言うと細かく「級分け」が行われ、そのためのクラスの進級テストが設けられているところも多いものです。

この進級テストは月謝内に含まれていることも多いのですが、別に必要なところもあるため確認しておきましょう。

 

水着や帽子といったアイテムの買い替え費用も

 

月謝以外にも必要なものとして、スイミングスクールで指定している水着・スイミングキャップ・ゴーグルなどの費用も必要です。

また。水着は成長に合わせて買い替えなければならないため、このアイテム費用も度々掛かってくることかと思います。

 

スイミングスクールを選ぶときに見るべきポイント

スイミングスクールを選ぶときに見るべきポイント

 

スイミングスクールを選ぶときに見るべきポイントを確認しましょう。

 

1クラスの人数が多すぎないか

 

1クラスの生徒が多すぎてしまうスイミングスクールはあまりおすすめとは言えません。

人数が増えてしまうとどうしても待ち時間も多くなってしまい、子ども一人一人の泳ぎを見てもらえる時間も少なくなってしまうものです。

コーチの目も届きにくくなってしまいます。

申し込みを行う前に、子どもが通いやすい曜日・時間帯・クラスの空き状況を確認しておくのがおすすめです。

 

通いやすいか

 

スイミングスクールに通いやすいかという点も大切です。

行き帰りに時間がかなりかかってしまうのであれば、通うことがどうしても億劫に感じられるものです。

送り迎えを行う保護者の負担も大変です。

無理することなく、通うことができる場所にあるかどうかを確かめるようにしましょう。

また一人でも通えるようになると、送迎バスなどがあるスイミングスクールだと安心かもしれません。

 

コーチは信頼できる人か

 

子どもの水泳力を伸ばすのは、コーチの指導力だと言っても過言ではありません。

子ども本人の努力や身体能力といったものも必要なことですが、指導力があるコーチから正しい指導を受けるということは非常に大切です。

コーチが信頼できるスイミング教室であるかどうか、お試し体験などを通じて一度チェックしてみるのも良いかもしれませんね。

 

おわりに

 

本記事では、スイミングスクールが子どもの習い事として人気の理由についてご紹介しました。

子どもがスイミングスクールに通うことで得られるメリットや効果は非常に多いです。

怪我や故障のリスクが低く楽しく体力をつけるというフィジカル的な面だけでなく、自信と集中力をつけるというメンタル面での成長も期待する親御さんも多いようです。

「子どもをスイミングスクールに通わせようか迷っている」という方は、スイミングスクールの体験レッスンや見学に一度参加してみてはいかがでしょうか?

 

▽おすすめコース▽

ジュニアスイミングコース

幼児・キッズスイミングコース

 

キッズも大人もJSSではじめよう!スイミングスクール WEB入会予約はこちら バナー画像

TOPへページTOPへ戻る