WEB入会予約フォーム

JSS Webマガジン

~ 子育て&健康・お役立ちコラム ~
子育て・健康・体力づくりに関する情報をお届け!

【スイミングスクール】水中ウォーキングにはどのような効果がある?

2021/09/09 健康 大人

スイミングスクール 水中ウォーキング効果

水中ウォーキング

 

スイミングスクールでは水中ウォーキングという水中運動を行うことがあります。

「水の中を歩くだけなのに効果があるの?」思われがちですが、水中ウォーキングを行うことでさまざまなメリットを得ることができるのです。

今回は、スイミングスクールで人気の「水中ウォーキング」の効果についてご紹介していきます。

 

【水中ウォーキングの効果1】カロリー消費量が多い

 

水中ウォーキングを行った後は、身体がぐったりと疲れているという方も多いのではないでしょうか?

水中での水の抵抗は陸上の10倍ほどに当たると言われており、水中で歩くとその抵抗を全身で受けることになります。

そんな水の抵抗のある水中ウォーキングは、陸上でのウォーキングに比べると非常に多くのカロリーを消費していることになるのです。

また体温より温度の低い水中に入ると、身体は体温を奪われないように脂肪を燃やすことによって熱を生み出そうとします。

この働きによって、カロリーがより消費されることとなります。

陸上でのウォーキングに比べると、水中でのウォーキングは、約2倍のカロリー消費となるのです。

同じ時間ウォーキングを行うのであれば地上でのウォーキングではなく、水中でのウォーキングに取り組む方が効率的にカロリー消費できると考えておきましょう。

 

【【水中ウォーキングの効果2】 脂肪燃焼効果が高い

水中ウォーキングの効果

 

 

通常のウォーキング同様、水中ウォーキングも有酸素運動に含まれています。

身体全部使って水の抵抗を受けることから、陸上でのウォーキング以上に大きな脂肪燃焼効果が期待できます。

有酸素運動は酸素を身体にしっかりと取り込みながら、時間をかけて負荷の少ない運動をゆっくりと行うことを言います。

そんな有酸素運動では「脂肪燃焼」という形によって、その効果がしっかりと現れます。

また先述した「カロリー消費量が多い」に関する内容と同様に、水中は体温より低いため、そんな水中に入ることによって身体は体温が下がらないよう、熱を発生させるのです。

体温を何とか維持させようとして脂肪を燃やすことから、水中ウォーキングでは脂肪燃焼効果も期待できるのです。

 

【水中ウォーキングの効果3】筋肉量も増やせる

 

筋肉量を増やせる

 

また水中ウォーキングは、筋力向上にもつながると言えます。

水中ウォーキングでは水の抵抗を身体全体で受けるため、陸上でのウォーキングと比較すると、全身の筋肉に負荷が大きくかかることになります。

その負荷に対抗するようにして水中ウォーキングを行うと、いつも使っていない筋肉が刺激を受け、筋肉量が増えるのです。

「筋肉量が増える」という言葉だけ聞くと、マッチョやボディビルダーなどのムキムキな人をイメージしてしまいがちですが、そこまでなることはありません。

水中ウォーキングは全身の筋肉が引き締まって、スタイルが良くなるように見えるのです。

より筋肉をしっかりと身につけたいという方は、水中ウォーキングの前に筋トレを行うと良いでしょう。

筋トレを先に行っておくことで、その後の水中ウォーキングで効率的に脂肪燃焼を行うことができます。

水中ウォーキングは有酸素運動で程よく抵抗を受けながらカロリー消費・脂肪燃焼を行いつつ、全身の筋肉を鍛えることができる、非常に魅力的な運動なのです。

 

おわりに

 

今回は、スイミングスクールで人気の「水中ウォーキング」の効果についてご紹介しました。

「水中ウォーキング」は、その名の通り水中でウォーキングを行う運動です。

水の抵抗を身体全体で受ける水中ウォーキングは、陸上でのウォーキング以上に多くのカロリーを消費することができます。

併せて、脂肪燃焼効果も期待できるでしょう。

有酸素運動で無理をし過ぎることなく全身の筋肉を鍛えることができる「水中ウォーキング」は子どもから高齢者の方にまで高い効果を得ることができる水中運動だと言えます。

 

 

TOPへページTOPへ戻る