JSS Webマガジン

~ 子育て&健康・お役立ちコラム ~
子育て・健康・体力づくりに関する情報をお届け!

スイミングスクールの前に食事を摂ってもいいの?タイミングは?

2023/09/26 キッズ スイミング・水泳 健康

スイミングスクール前の食事のタイミング

スイミングスクール前の食事

「スイミングスクールに行く前の食事のタイミングが分からない…」という方も多いのではないでしょうか?

本記事ではスイミングスクールの前に食事を摂ってもいいのかどうか、食事の最適なタイミングについてもあわせてご紹介していきます。

 

スイミングスクールに行く直前の食事はOK

スイミングスクールに行く直前に食事を摂ることはあまりおすすめとは言えません。

食後直後に運動を行うと腹痛が起きてしまう可能性が高いためです。

食後は食べ物を消化しようとして腸・胃に多くの血液が流れていくのですが、その際に運動を行うことでお腹付近の血管が圧迫されてお腹が痛くなってしまうということになるのです。

また、食後はお腹に血液が流れていくのとは逆に、脳には血液が流れにくくなっています。

「お腹が膨れてしまうと眠くなってしまう…」ということが起きるのは、脳が軽く酸欠状態になっているためです。

その脳の酸欠状態をなんとか改善しようとして、「あくびが出る」ということが起きるのです。

このような理由があるため、食後すぐにスイミングスクールに行くということはおすすめできないのです。

ただスイミングスクール直前の食事は良くありませんが、空腹の状態で泳ぐということは必ず避けるようにしてください。

水泳は比較的消費カロリーの高いスポーツであるため、空腹のまま泳ぐということになると身体がエネルギー不足になってしまい、めまいや立ちくらみが起きてしまう場合もあるので注意が必要です。

 

水泳をする何時間前に食べれば良い?タイミングは?

水泳をする何時間前に食べるのか

食事後、食べ物を消化するにはおおよそ2時間かかると言われています。

そのため、水泳をする2時間前には食事を済ませておくのがベストとされています。

消化の良い食べ物であれば1時間程度で消化されることもありますが、余裕をもって2時間前には済ませるのが良いでしょう。

また水の中は水圧がかかるため、満腹の状態で水中に入るとお腹に圧がかかって消化不良を引き起こしてしまう恐れもあるため注意しましょう。

水泳前は、腹5分目~7分目程度で食事を摂るのがおすすめです。

 

水泳をする前に摂取しておきたい栄養素

水泳前に摂取しておきたい栄養素

水泳をする前に摂取しておきたい栄養素としては、「糖分」「必須アミノ酸」が挙げられます。

 

糖分

水泳のような激しい運動を行う際には、「糖分」が欠かせません。

お腹が空いてきた時というのは、身体の中の糖分量が少なくなっている状態だと言えます。

エネルギーの元になると呼ばれる「糖分」をしっかりと摂取することで、水泳中もエネルギー不足をカバーすることができます。

水泳前に摂取しておきたい糖質を多く含む食品としては、「バナナ」「おにぎり」「うどん」などが挙げられます。

また、糖質というものは一度に多く摂取しても体内に溜めておくことはできません。

そのため、食事で都度エネルギーを摂取することが大切なのです。

 

必須アミノ酸

水泳をするには、「筋肉」が欠かせません。

そんな筋肉を作る上で必要となる栄養素として、「必須アミノ酸」が挙げられます。

食べ物からでしか摂取ができないため、不足しがちな栄養素だと言われています。

必須アミノ酸を多く含む食品を積極的に食べるようにしてください。

水泳前に摂取しておきたい必須アミノ酸を多く含む食品としては、「チーズ」「鶏むね肉」「卵」などが挙げられます。

 

おわりに

本記事ではスイミングスクールの前に食事を摂ってもいいのかどうか、食事の最適なタイミングについてもあわせてご紹介しました。

スイミングスクールの直前に食事を摂ることはおすすめされていませんが、空腹状態のまま水泳をすることはNGとされています。

そのため、数時間前に軽めの食事を摂ってから泳ぐようにすることで、泳ぎに集中することができるでしょう。

 

 

▽おすすめコース▽

ジュニアスイミングコース

キッズも大人もJSSではじめよう!スイミングスクール WEB入会予約はこちら バナー画像

TOPへページTOPへ戻る